Event is FINISHED

子どもを持つがん患者を支える実践ワークショップ2018

Description

このワークショップでは、未成年の子どもを持つがん患者への具体的な支援の方法について学びます。親ががん患者である子どもを支えるためには、まず親である患者の支援から始まります。患者との信頼関係の築き方、家族全体のアセスメント、子どもの年齢や病期に応じた介入について、事例検討、アクティビティを交えながら、皆さんと共に考えていきます。

なお、 今回は、家族療法およびグリーフセラピーに関する著書・訳書・論文を多数執筆され、実践家でもいらっしゃる石井千賀子先生を特別講師にお招きしています。皆様、奮ってご参加ください。


日 時:2018年10月6日(土)13:0017:00

        10月7日(日) 9:0015:00

       *10月6日(土)18:00~懇親会を予定しています(別途料金)

定 員 : 60人(先着順 定員になり次第締め切ります)


対 象 : がん患者家族に関わる医療関係者、かつ全日程受講できる方


内 容 : *内容は変更されることがあります

10月6日(土)13:00~17:00


1 子どもを持つがん患者を支えるということ ~信頼関係を築くために

  井上 実穂 (四国がんセンター 臨床心理士)


2 がんの親を持つ子どもの心

  小澤 美和 (聖路加国際病院 小児科医師)


 子どもの発達と病気・死に対する理解 / 親と子をつなぐアクティビティ

  小嶋 リベカ (国立がん研究センター中央病院 ホスピタルプレイスタッフ 臨床心理士)


10月7日(日) 9:0015:00


4 子どもを持つがん患者・家族の終末期、臨終期を支える

  大沢 かおり(東京共済病院 MSW)


5 「あいまいな喪失」について

  石井 千賀子 (ルーテル学院大学)


6 事例検討、事例紹介、質疑応答

  井上 実穂 (四国がんセンター 臨床心理士)ほか


*9月29日(土)以降のキャンセルは返金いたしかねますのでご了承ください

なお、代替者の参加は可能ですので、その場合は、速やかにご連絡ください

*ご提供いただく情報(個人情報を含む)は、本フォーラムの目的、または法令に基づく使用目的以外で利用いたしません


<問い合わせ>

NPO法人Hope Tree

info@hope-tree.jp


申し込み方法:志望動機(400600字程度)をご用意の上、「チケットを申し込む」よりお申込ください






Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#370907 2018-09-17 07:39:32
Oct 6 - Oct 7, 2018
[ Sat ] - [ Sun ]
1:00 PM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費(コーヒーブレイク、2日目の昼食、教材・資料代込) SOLD OUT ¥20,000
Venue Address
千代田区大手町1丁目8−1 KDDI大手町ビル, 22F Japan
Organizer
Hope Tree
715 Followers
Attendees
49